岩崎木材株式会社の建築資材の配送営業の仕事の流れ

受注・発注・在庫・配送・納品の一連の業務を担当していた駄々きます。

受注・発注・在庫・配送・納品の一連の業務を担当していた駄々きます。

建築資材の受注・発注

建築資材の受注・発注アイコン

お客さまは工務店さんです。設計事務所さんからの引き合いもあります。電話、メールのほか、お客さまによってはFAXでのオーダーもあります。品番の指定がある建材や再発注の場合は速やかにサプライヤーに発注します。新規の取引や同じような建材が数種存在するようなケースでは、相見積もりを取るなどして、お客様のご要望・条件に添える提案を行い、合意を得てから発注します。発注ミスをしないよう細心の注意を払います。

岩崎木材株式会社の配送営業の受注シーン

建築資材の入荷・在庫

建築資材の入荷アイコン 建築資材の入荷アイコン

発注した建材は、ほぼ毎日サプライヤーから入荷されてきます。入荷された建材は、仮置き場に荷下ろしし検品を行った上で、倉庫内の区画に入庫します。在庫された建材は、出荷しやすいよう適宜移動をさせ、整理整頓にしておきます。

岩崎木材株式会社の建築資材の入荷シーン

建築資材の配送・納品

建築資材の配送・納品アイコン

出荷は現場別(邸別)になります。出荷伝票の従って必要な建材を倉庫から取り出し(木だしし)、場内に積み上げます。アッセンブルしたのち、過不足や取り出しミスがないか、再度伝票と付き合わせします。早朝配送の場合は、前日にトラックに積荷しておきます。

岩崎木材株式会社の建築資材の現場への納品・荷下ろしシーン

建築資材の現場営業

築資材の現場営業アイコン

現場には監督を兼ねて工務店の社長さんがいらっしゃる場合があります。納品業務を速やかにこなしながら、社長さんとコミュニケーションを密に取り、追加オーダーをいただいたり、次の案件に関する情報を教えていただいたりと、顧客接点を営業局目と捉えて、積極的にアプローチします。会話を通じて教えていただくことや忠告していただくこともあります。感謝の言葉を頂戴することもあります。現場は成長を促進するカンフル剤です。

岩崎木材株式会社の建築資材の現場営業シーン

▲写真右:
久保建ビル工業株式会社 
代表取締役 久保正和 様